Manual

f0179394_9312489.jpg

LEICA SUMMILUX-M1.4/50






世の中すべてオートマチックをよしとする風潮がある。

自動車のトランスミッションしかり、カメラのフォーカスしかり。
エアコンも洗濯機も風呂も生活のまわりのほとんどが
オートマチックで済むようになっていっている。

つまりユーザーの意図することより、
機械にプログラミングされたことが
最大公約数的な最善のパフォーマンスだとしている。

先日デジタルカメラの使い方についてプロの講話があった。
現代のカメラはムービーのように連写で撮りまくり、
その中からお気に入りを選ぶことが正しい使い方だそうだ。

フィルムカメラは
①フィルムを入れて
②レバーを巻上げ
③シャッタースピードと
④露出を決めて
⑤ピントを合わせて
⑥シャッターを切る。

もはや⑥シャッターを切る以外に
デジタルカメラとの共通点はない。
フィルムカメラで「撮った」という満足感は、
デジタルカメラでは「撮れてた」という別次元のものとなっている。

マニュアルはオートマチックとは対義語ではなく
並存する別物であり続けてほしい。
[PR]
by box_hana | 2012-09-14 09:55 | カメラ

タグ

(14)
(3)
(3)

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
車・バイク

画像一覧